のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

小児喘息:ぜんそく(よくある子供の病気)

小児喘息(ぜんそく)とは

喘息という病気は主にアレルギーを原因とする、気道(気管支)の炎症によって、気道(気管支)の壁が厚くなり、その結果空気の通り道が細くなって、息がぜいぜい(喘鳴)、咳、呼吸困難などの症状が起こるものです。小児喘息は成長とともに軽快する場合がほとんどです。まれに成人喘息に移行する場合があります。

小児喘息(ぜんそく)の原因

ダニやハウスダストのアレルゲンなど生活環境の改善で減らせるものや、寒暖の激しい差や気圧の変化などの気象条件などどうにも対策がとれないこともあります。 台風が接近してくるときなど気圧の変化が大きいとき、それまで元気だったにもかかわらず発作を起こしてしまうという例は数多くあります。

小児喘息(ぜんそく)の検査

喘息の症状が起こった時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どのようなものにアレルギー反応があるのかを調べる必要があります。

小児喘息(ぜんそく)の予防

原因が分かったら、それを取り除いてやることで、症状を軽減させ、発作の回数を減らすことができます。ダニやほこりの原因となるじゅうたんやカーペットを取り除いたり、ぬいぐるみや観葉植物をこまめに掃除したり、動物の毛に反応している場合は、ペットを飼わないようにしたり、できる限り周りの環境を整えて喘息に対処するようにしましょう。

小児喘息(ぜんそく)の治療

起こってしまった喘息発作を止めるには、気管支拡張薬が使われます。薬の力を借りて、狭くなって息の通らなくなった気道を力ずく広げるのです。適切な対処をすれば、ほとんどの場合喘息発作はじきにおさまります。発作がとてもひどく、さらに緊急性がある場合、気管支拡張剤を入れた点滴をすることになります。全身性ステロイド薬(内服/注射)が使われる場合もあります。この薬はとても強い効果がありますが、使用量や試用期間によっては全身的な副作用があるため、その使用は最小限にとどめるのが原則です。


















大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで