のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

突発性発疹(よくある子供の病気)

突発性発疹とは

突発性発疹とは生後六ヶ月から2歳頃までの乳幼児に多く見られる病気で、突然39~40度の高熱が出ます。高熱以外の症状はほとんどなく、高熱のわりには元気なのが特徴です。

突発性発疹の原因

突発性発疹の原因はヒトヘルペス6型7型の感染で起こる病気で大人の唾液が感染源と考えられています。

突発性発疹の症状

症状としては発熱以外特になく、38度~40度の熱が平均3~4日続き、熱が下がると赤い発疹がおなかや背中に出始め、その後全身に発疹が出てきます。 発疹が出るまで正確な診断がつかない病気です。乳児の突発性発疹は90%の発症率とも言われています。

突発性発疹の治療

ワクチンないため予防法はありませんが、基本的には予後良好な疾患であり、特異的な治療は必要がありません。解熱剤、輸液など必要に応じて対症療法を行います。

突発性発疹の合併症

約10%に熱性けいれんの合併がみられます。数分内におさまって意識が回復する場合には後遺症などの心配がありません。

突発性発疹の注意点

高熱が続くため、食欲が低下し、きげんが悪く、ぐったりしていることもあります。脱水症や髄膜炎になっていることもあります。高熱が続いて心配な時、ぐったりして水分がとれなくなった時、嘔吐や咳などほかの症状が出てきた時、ひきつけた時などは早めに病院を受診しましょう。


























大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで