のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

RSウイルス感染症(よくある子供の病気)

RSウイルス感染症とは

RSウイルスは、乳児急性気道感染症(細気管支炎、肺炎など)の主な原因ウイルスです。日本では主に乳幼児の間で冬季に流行し、通常10月から12月にかけて流行が始まり、3月から5月頃まで続きます。母体からの移行抗体だけでは感染防御は不十分なため、6ヶ月未満の乳児も感染・発症します。日本では2歳までにほぼ100%が初感染をうけると考えられます。麻しんやムンプスとは異なり一度感染しただけでは感染防御免疫が不十分で、何度も発症しますが、通常再感染のたびに症状は軽くなっていきます。
※細気管支炎とは・・・気管支が更に分岐して細くなった部分を細気管支と呼び、この部分が炎症を起こした状態を細気管支炎といいます。

RSウイルス感染症の原因

RSウイルス感染症は、感染者の気道分泌物への接触あるいは咳で生じた飛沫を介して感染します。
(呼吸器系に感染するウイルスが原因です)

RSウイルス感染症の診断

冬季に乳児が鼻汁、咳に引き続いて「ぜいぜい」してきたような場合には、その30~40%がRSウイルス感染症によると考えられます。鼻汁材料を用いたRSウイルスの抗原検出キットが使用可能ですが、3歳未満の入院児のみが検査の適応になります。

RSウイルス感染症の症状

RSウイルスは接触や飛沫を介して気道に感染し、2-5日の潜伏期の後、発熱、鼻水、咳などで発症、通常1-2週間で軽快します。しかし2歳以下の乳幼児ではしばしば上気道炎から下気道炎に進展して細気管支炎、肺炎を発症し、特に6ヶ月以下の乳児では入院加療を必要とすることが珍しくありません。免疫不全児、低出生体重児や呼吸器・循環器に基礎疾患をもつ乳幼児は重症化しやすく、特に注意が必要です。

RSウイルス感染症の治療

対症療法が主体になります。発熱に対しては冷却とともに、アセトアミノフェン(カロナール)などの解熱薬を用います。喘鳴を伴う呼吸器症状に対しては鎮咳去痰(ちんがいきょたん)薬や気管支拡張薬などを用います。
脱水気味になると、喀痰が粘って吐き出すのが困難になるので、水分の補給に努めます。細菌感染の合併が疑われる場合は抗生剤を使用します。

RSウイルス感染症の予防

RSウイルスはエンベロープをもち環境中では不安定で、石けん、消毒用アルコール、次亜塩素酸ナトリウムをふくむ塩素系消毒薬などにふれると容易に感染力を失います。
接触感染の予防には手洗いが、飛沫感染予防にはマスクの着用が有効です。
家族全員の手洗い、うがいも心がけてください。

















大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで