のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

プール熱(よくある子供の病気)

プール熱とは

咽頭結膜熱といいます。アデノウイルスという微生物が、接触感染によって人の体に寄生し、発症します。プールを介して感染し流行することが多いのでプール熱と呼ばれます。

プール熱の原因

ウイルスは感染力が非常に強く、口、鼻、喉、目の結膜、から体内に入り感染します。一般的には乳幼児が多く感染する。主な感染経路としてはプールで感染することが知られています。

プール熱の症状

感染後4~5日間の潜伏期間を経て、突然、38~40℃の高熱が4日~1週間続きます。また喉の腫れと結膜炎を伴います。喉の腫れがひどい場合は扁桃腺炎になることもあります。結膜炎を伴う場合は、目が真っ赤に充血する。発熱、結膜炎、喉の腫れの3つの症状は、必ずしも同時に現れないことが多いので、注意が必要です。

プール熱の治療法

現在、積極的な治療法はなく、熱が下がるのを待つことです。熱に対しては熱を下げる、喉の痛みに対しては粘膜保護をする、結膜炎で目が真っ赤になっていたら目薬をさすなど、対症療法が中心です。

プール熱の予防

プールから上がったときには洗眼、手洗い、うがいをしましょう。またプールの水もきれいに洗い流すことが大切です。

プール熱の注意点

指定伝染病です。熱が下がってもまだ体内にウイルスはいるため、症状がおさまっても2日間は、登校してはいけません。
























大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで