のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

ノロウイルス腸炎(よくある子供の病気)

ノロウイルス腸炎とは

ノロウイルスは、冬季の「感染性胃腸炎」の原因となるウイルスです。ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。11月くらいから発生件数は増加しはじめ、12~翌年1月が発生のピークになる傾向があります。

ノロウイルス腸炎の原因

ノロウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられています。
患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから人の手などを介して二次感染した場合、家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合、食品取扱者が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合、汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合、ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合などがあります。

ノロウイルス腸炎の症状

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。しかし、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。

ノロウイルス腸炎の治療

現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。このため、通常、対症療法が行われます。初期の嘔吐や発熱、その後の下痢に対して水分補給と電解質補充がもっとも大切です。下痢がひどい場合には水分の損失を防ぐために輸液などを対症療法的に用いる場合があります。

ノロウイルスの注意点

食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう。下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。胃腸炎患者に接する方は、患者のふん便や吐ぶつを適切に処理し、感染を広げないようにしましょう。
特に、子どもやお年寄りなど抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。
また、調理器具等は使用後に洗浄、殺菌しましょう。

















大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで