のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

最近はじまったワクチン

子宮頸がんワクチンの無料化

神戸市では平成23年1月1日から24年3月31日までの期間、中学1年生から高校1年生相当の年齢の女子に対し、子宮頸がんワクチンの全額助成を行っています。

神戸市の子宮頸がんワクチン接種費用の助成制度について
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/infection/vaccination/hpv.html

子宮頸がんについて(グラクソ・スミスクライン株式会社より)
http://allwomen.jp/

ビフワクチン

ヒブとはインフルエンザ桿菌b型(Hib)という細菌の頭文字をとったもので、この細菌によって乳幼児に重篤な細菌性髄膜炎や急性喉頭蓋炎などを引き起こします。ヒブワクチンはこれらの感染症を予防するためのワクチンで、世界ですでに120カ国で実施され、90カ国以上で定期接種されています。

ヒブによる細菌性髄膜炎とは

乳幼児に起こる細菌性髄膜炎のうち3分の2がヒブによるもの、ついで多いのが肺炎球菌です。細菌性髄膜炎はとても重症で、かかると5%が死亡、20%に重篤な後遺症を残すといわれています。免疫や、髄液中を無菌に保つ機能が発達してくる3歳を過ぎると細菌性髄膜炎の発症は減少しますが、それらが未熟な生後3~6カ月に発症する例が多くみられます。このため乳児期早期に接種することが望ましいとされています。
接種スケジュールは基本的に三種混合と同じですが、接種開始月齢によって少し異なりますので、下の図を参照してください。
1回目 生後3~6カ月はここから(全4回)
3~8週間あける
2回目 生後7カ月はここから(全3回)
3~8週間あける
3回目
1年あける
4回目 1~5歳はここのみ(1回のみ)

ヒブワクチンも非常に安全性の高いワクチンで重篤な副反応はほとんどありませんが、三種混合同様、接種部位の腫れや発熱などがみられることがあります。肺炎球菌ワクチン同様、基本的に他のすべてのワクチンと同時接種が可能ですが、施設によっては同時接種しないところもあります。当院ではその安全性が日本国内で広く確認されるまで、他のいずれのワクチンとも同時接種は当面いたしませんのでご了承ください。

小児用肺炎球菌ワクチン












大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで