のせ小児科クリニック
のせ小児科:神戸市長田区四番町7-27

 神戸市の小児科、長田区のせ小児科クリニック。小児科専門医が対応。

のせ小児科
子供の病気
  季節性インフルエンザ
  乳幼児嘔吐下痢症
  突発性発疹
  熱性けいれん
  おたふく風邪
  手足口病
  プール熱
  水疱瘡(みずぼうそう)
のせ小児科クリニック紹介 乳幼児健診・予防接種 医療機関連携・医療費助成
乳幼児健診
各種予防接種
最近はじまったワクチン
成長ホルモン治療
SGA性低身長について
近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成
各種料金表

はしか(よくある子供の病気)

はしか 注意点

指定伝染病なので、解熱後2日は登校登園はできません。

はしか とは

はしかは麻しんウイルスによって引き起こされる一般に小児期に多い急性の感染症です。発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状と発しんが現れます。肺炎、脳炎といった重い合併症を発症することもあります。

はしか の原因

はしかの原因である麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染すると90%以上が感染するといわれています。冬から春にかけて流行します。

はしか の症状

感染してから約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。はしかによる発熱は途中で短期間解熱する時期があるという特徴があります。最初は38~39℃の発熱になることが多く、3~5日間続きます。最初の発熱が下がってくる頃、口腔内のほほの内側に細かな白色の発疹がみられるのが麻疹の症状の特徴です。そのあと熱が再び上昇しはじめ、同時に、麻疹の症状の特徴である発疹が出現します。この2度目の発熱は最初の発熱より高く40℃を超えることもあります。

はしか の予防

はしかの唯一の予防方法は、1才をすぎてから早期にワクチン接種によって麻疹に対する免疫をあらかじめ獲得しておくことしかありません。

はしか の治療法

はしかには特異的な治療法はなく、経過を十分に観察し、解熱剤や咳止めなどを使用した対処療法を行います。

はしか の合併症

はしかには麻疹に伴ってさまざまな合併症がみられ、その約半数が肺炎で、頻度は低いものの脳炎の合併例もあり、この二つの合併症は麻疹による二大死因となり、注意が必要です。

















大阪 野瀬クリニック 神戸 野瀬デンタルクリニック たなか成長クリニック



のせ小児科クリニック概略

医院名: のせ小児科クリニック
診療科目: 小児科
医 師: 野瀬まどか
資 格:
日本小児科学会認定
専門医
日本医師会認定産業医
住 所:
〒653-0004
兵庫県神戸市長田区
四番町7-27
電 話: 078-575-4865

 受 付 時 間

午前
9時30分から11時45分
午後
4時30から6時15分
休診日
日曜・祝日
予防接種・乳幼児健診
火曜日
木曜日
午後
3時00時から3時45分まで








HOME外来予定表医師紹介・ごあいさつ院内施設ご案内検査について交通案内乳幼児健診
各種予防接種インフルエンザワクチン成長ホルモン治療SGA性低身長について近隣医療機関との連携
神戸市の医療費助成各種料金表季節性インフルエンザ
乳幼児嘔吐下痢症突発性発疹熱性けいれんおたふく風邪手足口病プール病はしか
風疹水疱瘡(みずぼうそう)小児喘息RSウイルス感染症ノロウイルス腸炎|
医療機能情報医療求人情報リンク集サイトマップ
produced by FARO 

Copyright(c)  神戸市長田区の小児科なら のせ小児科リニックで